どのようなリスクがあるの?

皆さんは「不倫」という言葉をご存知であろうか。
恐らく、知らない方の方が珍しいことと思うのである。
今では、テレビドラマの題材として不倫が取り上げられそれが主婦を中心に人気を集めていると言われているのだ。
このことから、考えようによっては多くの人が刺激を感じ興味をそそられることと言っても過言ではないのかも知れないのである。
ではここで改めて不倫の「定義」について考えていきたいのである。
元々の意味合いとしては、人の道徳から外れる行為を指していたようである。
このことから、男女関係なく不道徳な言動のことをこう呼んでいたのである。
しかし、現代に置いては「既婚者が配偶者以外の異性と肉体的な関係を持つこと」と捉えられるケースが大半である。
恐らく、皆さんの認識としてもこれに該当するかと思うのである。
また、双方に配偶者が居ることを「ダブル不倫」などという言い表し方をすることもあるであろう。
時に、自由恋愛なのだから問題は無いのではないか?という声もあるようだ。
考え方は様々ではあるのだが、自由恋愛と言っても既婚者である以上はその「責任」というものが発生してしまうのだ。
心的に配偶者を傷つけてしまえば離婚などと言った際には慰謝料請求もされることとなるであろう。
更には、子供がいるという環境でしたら養育義務なども発生するのだ。
このことから良いイメージをもたれないことが大半であろう。
こうしたことを考えると、やはり積極的にパートナーを作るべきだ・思いのままに行動をして良いとは言い切れないのである。
ただ、現状としてこうした行為を行っている人は存在しているのである。
仮に、配偶者以外のパートナーが居るという状況でしたら徹底して隠し通す気持ちやイザとなった時は全ての責任を自分で背負うという覚悟があったほうが良いかと思うのである。
こうした行動は男性のほうが割合として多いと言われてきたのである。
先にも触れたのだが、主婦層でもこうした願望を持ち実際にパートナーを持っているという人も増えてきているようであるので、男女比の割合も近しいものとなっているのだ。
割り切った関係性を持つという人が多く、家庭を壊してまで継続するという気持ちの人は少ないようではありるのだが、時に本気になってしまうというケースもあるようだ。
俗に言う「略奪愛」などがこれに該当するであろう。
人の心は分からないものであることから、このような状況になると泥沼化する可能性もありうるのだ。
また、どちらか一方が強い感情を抱くようになってトラブルに発展するというケースもあるようである。
願望は抱いていないけれど気持ちはあり、それを食い止めたいという方。
夫婦間で改めて異性性を感じあえる方法を模索することだとか、自分の存在意義を見出す事柄を探すなどと言う努力をしてみると良いであろう。
やはりこうしたところが発端となり不貞を行ってしまうという方が多いこともあるので考えてみると良いであろう。
更には、擬似的な体験をすることで解消できるというケースもあるようである。
何事にもリスクというものは存在するのだが、不貞に対するリスクとうものはかなり大きいものである。
家族を失うばかりではなく、社会的地位から信頼時には親族などをも失ってしまう可能性もあるのである。
人生全てが不貞のために変ってしまった・・・なんていう実例もあることからあまり感情的になり過ぎない・短絡的な行動をとらないように注意をすることが望ましいのである。
自分自身が独身であっても相手が既婚者である場合、パートナーの配偶者から慰謝料を請求することもできるのである。
これはパートナーとの関係を解消するという結論を出しても請求することは可能であるので「終わらせれば問題ない」という事でもないのである。
改めてその意味・リスクについて考えてみるという事もよいのではないであろうか。

新着情報

◆2015/02/24
第三者に惹かれる理由の情報を更新しました。
◆2015/02/24
どうしたら不のスパイラルから抜けれるかの情報を更新しました。
◆2015/02/24
思いを断ち切りたいの情報を更新しました。
◆2015/02/24
何故既婚者を選んでしまうのかの情報を更新しました。
◆2015/02/24
バレてしまう可能性についての情報を更新しました。